耳 痒い アレルギー

耳が痒いのはアレルギーが原因の場合も

スポンサーリンク

耳が痒いと、気になって仕方ないものです。
ほとんどの場合、耳掃除のしすぎで皮膚を傷つけてしまったりして、痒い事が多いのですが、乾燥していたり、髪の毛などの異物が入っていたりします。
このような時は、耳掃除を控えたり、軟膏などで保湿をしたり、異物を取り除けば解決します。
しかし、それでもどうしても痒みが取れない時は、他の原因が考えられます。
イヤホンで音楽を聴く人は、イヤホンのサイズが合っていない物を使い続けると、皮膚が擦れて痒くなります。
喉に炎症がある場合にも、痒いと感じたりします。
意外かもしれませんが、アレルギーが原因と考えられる場合もあります。
最近よくニュースになるpm2.5や黄砂などの大気汚染物質や、花粉、ホコリなどのハウスダストに反応して痒くなるのです。
これらのアレルギー物質が、鼻や口から耳管を通って入ってしまうためです。
ですので、花粉症や、ハウスダストアレルギーの症状がある人は、耳も痒くなるのです。

スポンサーリンク

原因がわからない場合は、一度病院を受診して、アレルギー検査を受けると良いでしょう。
もし、アレルギーであるとわかった場合は、医師の指示に従うのはもちろんですが、なるべくアレルギー物質を体内に取り込まないようにする事が大切です。
外出時には、花粉などを吸い込まないように、マスクで鼻と口をしっかり覆います。
家に入る前にしっかりと払い落とし、部屋に持ち込まないようにしましょう。
髪の毛などにも付着しますので、帽子を着用し、衣服はポリエステルや、ナイロンなどの付着しても払い落としやすい物を選びましょう。
また、ホコリっぽい部屋や、布団、カビなども原因になりますので、普段からこまめに換気と掃除をし、ホコリなどをためないように心がけましょう。
換気をすると、花粉などが入るから行わないというのは、逆効果です。
早朝の花粉などの飛散が少ない時間帯を選び、行うのがポイントです。
大気汚染物質が気になる地域では、空気清浄機を使って除去するなど、いつもきれいな環境を保つように努めましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加