耳 かゆい 場所

耳がかゆいときの場所と原因

スポンサーリンク

耳が痒い場合は、場所によって早急に病院に行ってください。
危険な病気にかかっている恐れがあるからです。
また、特に病気とは言えない部分でも掻きすぎると重篤な病気になって失聴する恐れがあるため、注意してください。
耳の中が痒い場合には、掃除しすぎて神経が過敏になっている恐れがあります。
掃除を適切に行うことは大切ですが、あまりやりすぎてもいけません。
お風呂から出た後タオルで耳をなぞるだけでも十分に垢が取れます。
また、掃除をそれほどしていなくてもかゆい場合には、イヤホンや補聴器があっていないか、あまりに長時間身に着けている可能性がありますので、つけている場合には定期的に取り外してください。
また、うちも外も全体的に漠然とした場所でかゆい場合には、皮膚炎になっている可能性もありえます。
皮膚炎の場合には皮膚科に行くと塗り薬を処方してもらえます。
耳の外も内側もとにかくかゆいときにのみ、皮膚科に行くことが先決です。

スポンサーリンク

また、場所によってはカビが生えているために発生していることもあります。
鼓膜の外になる外耳と呼ばれる部分にカビが発生してしまい、痒くなってしまうからです。
鼓膜の外側であれば聴覚に異常をきたさないため、それほど気にしないという方もいます。
しかし、何らかの原因で水が入って内側にカビが入り込むと、失聴の危険性が高くなってしまわないとは限りません。
原因のカビを除去しなければ確実にかゆみを消し去れないので、早急に医療機関を受診してください。
季節の変わり目ごとにかゆみがある場合には、皮膚の乾燥が原因と考えられます。
特に秋から春にかけては空気が乾燥しやすい季節です。
皮膚が乾燥して痒くなってしまうことはよくあります。
保湿効果の高いやワセリンなどを使うことで、かゆみを解消できるため、医療機関で薬をもらってください。
自分でできるからと保湿効果のある化粧品などを使って保湿しようと考えるのは、雑菌が発生してしまう危険につながるので避けて、医薬品を使うことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加