耳 かゆい アトピー

耳がかゆい症状はアトピーかもしれない

スポンサーリンク

耳がかゆいということは誰にでもあるものです。
しかし、無意識のうちに引っ掻いてしまったり、我慢できないほどのかゆみだったりする場合には、アトピーという可能性も否定できません。
元々、肌が弱く、アレルギー体質の人は、今一度、確認してみることをお勧めします。
耳は普段、自分ではあまり見ることがない部位でもあります。
女性の場合、スタイリングをする時に気付くこともあります。
真っ赤になっていたり、逆にカサカサしていたりする場合には、明らかに皮膚に異常が起きていると言えます。
それに加えてかゆいという症状があるのなら、早急に皮膚科を受診した方がいいかもしれません。
アトピーの場合、相応の薬を処方してもらわないことには、なかなか自力で治すことはできないからです。
耳の場合、塗り薬を使って治療することが一般的です。
せっかく塗った薬を無意識に触ってしまわないように、就寝時にはナイト用手袋をはめるなど、工夫すると治りが早くなります。

スポンサーリンク

耳がかゆい時には、他の部位にも同じような症状があらわれていないか確認することが大事です。
アトピーの場合、他の部位にも同じような症状があらわれることが多いからです。
特に、皮膚の柔らかい部分がかゆくなることがあります。
耳たぶをはじめ、脇の下や膝裏、肘裏といったところなどが挙げられます。
それから、耳のアトピーを引っ掻いてしまった延長で、首筋などにも症状が広まってしまうこともあります。
この点は注意が必要です。
どんどん患部が広がってきてしまうと、塗り薬だけでは対処できなくなってしまうからです。
皮膚科を受診した場合、一般的には塗り薬と飲み薬が処方されます。
体内からも治療していくことが大切です。
もちろん、患部を清潔に保つことも早期治療に繋がっていきます。
入浴後は処方された薬を塗ったり、保湿クリームを塗ったりして、乾燥させないようにすることがポイントです。
ただし、だからといってあまり保湿しすぎることも炎症を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加