耳 かゆい 外側

耳の外側がかゆい時の原因と対策

スポンサーリンク

耳の外側がかゆい時、多くの場合、指先でかゆみを感じる部位を掻くことでそれを和らげようとします。
しかし、そのかゆみの原因を治すことがもっとも重要なことです。
そのかゆみの原因の一つが、アトピー体質です。
皮膚の特定の部位が、頻繁にあるいは時々かゆくなる症状です。
人によっては元々アトピーでない人もいます。
アトピー体質の人は、それが先天性の場合もありますが、後天性のものもあります。
アトピー以外の原因が思い当たらない場合は、皮膚科の医療機関で診てもらうことが最も効果的な対策です。
この場合、医療機関で診察を受け、処方せんを受け取ります。
多くの場合、服用薬と塗り薬の片方あるいは両方が処方されます。
加えて、注意すべき点があります。
まずは、自分の手でかゆい部分を必要以上に掻き過ぎたりしないようにすることです。
いくら掻くことをしてもアトピーは治らないためです。
むしろ症状を悪化させることが多いので、注意が必要です。

スポンサーリンク

そして、耳の外側がかゆい時の、もう一つの原因があります。
それは、頭髪・頭皮を洗う際の不注意です。
通常、髪を洗う際には、髪にシャンプーを付けて指先で洗い、その後ゆすいでシャンプーを洗い流す方法が一般的です。
この時に問題となるのが、シャンプーのゆすぎ残しです。
髪にシャンプーが残ったまま、髪を乾かすと、その残ったシャンプーが肌に触れると、その部分にかゆみが生じます。
おふろやシャンプーの後、時間差があって耳の外側にかゆみを感じるようになります。
そのため多くの場合、かゆみの原因がシャンプーの洗い残しであることに気付くのは容易ではありません。
しかも、シャンプーの洗い残しがあったとしても、髪自体がかゆみを感じないので、それになかなか気付かないのです。
これを防ぐには、髪をよくゆすぐことが効果的です。
場合によっては、耳の皮膚とシャンプーの相性が悪い場合もあるので、刺激の少ないシャンプーに切り替えることも有効です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加