耳がかゆい いいこと

耳がかゆいのはいいことの予兆という迷信

スポンサーリンク

耳がかゆいといいことがあるという言い伝えを、知っている人がいると思います。
このような真実がウソが分からない言い伝えや迷信は信じていない人も少なくないのですが、科学的に証明できる真実の言い伝えもあります。
世界各国である言い伝えですが、同じことでも地方により内容が異なることもあります。
悪いジンクスというものもあれば、良い予兆というものもあります。
では、耳がかゆいといいことがあるというのは真実なのかというと、残念ながらそれは分かっていません。
耳がかゆい=耳がむずむずするということになるので、そのような感覚から近々良い知らせを聞くという迷信が生まれたのかもしれません。
耳は音を聴くためにあるものです。
人は話すことでコミュニケーションをする生き物なので、耳に対して人の声を聴くというイメージがあります。
耳がかゆいと耳に意識がいくので、いつもより聴覚が敏感になることがあります。
そのことから、耳がむずがゆいといいことを聴く予兆と言われるようになったのではないかと思います。

スポンサーリンク

耳がかゆいと耳の病気・湿疹・できものなどを心配する人もいますが、特別な症状が他にない場合はいいことが起きる予兆なのかもしれません。
耳の病気である場合は耳の穴や中にも痛みや変な感覚があるので、分かりやすいと思います。
湿疹やできものも見たり触ったりすると分かるので、何にもなってないけどかゆい場合は、ウキウキしても良いかもです。
他の良い言い伝えや迷信には、鳥にフンを落とされたら運が付くということで運が良いというものがあります。
出先で他人の葬式を見ると幸運とか、朝の蜘蛛は良い1日の知らせなどもあります。
上記のようなことは良いか悪いかでいったら良くないことになりますが、ポジティブな考え方にもできるということです。
ネガティブな考え方を治した方は、良いことの予兆となる言い伝えや迷信を調べてみるとためになると思います。
世の中には良くない迷信もありますが、そんなことを気にするより、自分自身で気を付ける意識が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加